循環器内科

診療方針

診療方針 最新の高度医療を提供するために心臓カテーテル装置を導入し、九州大学病院をはじめとする近隣の病院や診療所との連携を図りながら、高度な循環器特殊医療を行ってまいります。
また、透析患者様のシャントトラブルに対しても最適な治療を御提供してまいります。

こんな症状の時は、ご来院ください

  • 胸に圧迫感や痛みを感じる。
  • コレステロール、中性脂肪が高い
  • 胸が重い
  • 呼吸が苦しい
  • 胸がドキドキする、おどる
  • 全身の倦怠感や身体のむくみがある
  • 脈がとぶ、乱れている
  • 喉が乾きやすい
  • 血圧が高い
  • 汗を以前よりもかきやすくなった
  • 血糖値が高い、尿に糖が出た
  • 頭が重い
  • 生活習慣病を検診で指摘された
  • 左肩から腕、顎の辺りが痛む
  • 足が痺れる
  • 歩くとふくらはぎが痛む

その他、どんな症状でも。
当院で検査、治療ができない場合、それぞれ専門の医師や病院を紹介します。

診療日

循環器内科受付日

9:00~17:30(13:00~14:00はお昼休み、外来受付は17:00まで)

はじめての患者様の受付は、午前は12:00まで、午後は16:30までとなります。

【休診】 土、日曜・祝日。

検査項目

検査名 検査によってわかること
心電図検査(ECG)

ホルター心電図検査
( 24時間心電図 )
心臓の電気的活動を記録することで、心疾患を検出できます。 失神や動悸の原因を特定するには連続的な心電図検査が必要となる場合があります。この場合には、小型の装置(ホルター心電計)を24時間装着します。
ホルター心電計は、普通に日常生活をしているときの心臓の電気的活動を、24時間以上記録します。
トレッドミル運動負荷試験 心電図を装着して、運動時の心電図変化を観察します。運動して狭心症が起きやすい状態にして、その変化をみることで、狭心症の診断に用いたり、また、不整脈の診断にも有用なことがあります。
心エコー( 心臓超音波検査 )

頸動脈・下肢動静脈エコー
超音波によって心臓を観察し、実際に動いている状態を評価します。心臓の機能、大きさや、弁や逆流の状態、血栓の有無などを調べることができます。 また、頸動脈や足の動脈硬化、血栓の有無等もエコーで評価できます。
カテーテル検査(心臓・下肢) カテーテルと呼ばれる直径約2ミリの細い管を手首や肘、足の付け根から心臓の冠動脈や足の動脈まで通して造影剤を注入し、エックス線撮影をして血管の状態をみます。
一般の外来患者様は基本的に日帰り検査が可能です。
ペースメーカー外来 ペースメーカーの作動状況を確認し、適切な設定を行います。

治療項目

  • ○冠動脈及び下肢動脈インターベンション(バルーン・ステント)、不整脈アブレーション治療
  • ○シャント形成術(バルーン拡張術/外科手術を病変に応じて最適に適用します)
  • ○ペースメーカー(植込・管理)
  • ○下大静脈フィルター挿入術

担当医師紹介

循環器内科部長・副院長 多田 英生
循環器内科部長・副院長 多田 英生

患者様へのメッセージ

  • 患者様のお役に立てるよう、誠心・誠意 最善を尽くします。
    循環器の事に限らず、何なりとご相談下さい。

専門分野

  • 内科・循環器一般 心血管インターべンション 心不全

略歴

  • 九州大学医学部卒業(1992年)
  • 循環器内科入局
  • 九州大学医学部付属病院、ニューヨーク医科大学等を経て、 2001年より九州大学病院循環器内科勤務、2005年同大学 助教、2009年同大学講師、心臓カテーテル検査室副主任・ CCU(心臓病集中治療室)主任・病棟医長・医局長を歴任。2010年4月 ふくみつ病院副院長就任

資格等

  • 医学博士
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本内科学会認定医
  • ACLS(高度心肺蘇生サポート)プロバイダー
  • 植込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる心不全治療(CRT)施行資格認定
  • 日本心血管インターベンション治療学会認定医

所属学会

  • 日本循環器学会
  • 日本内科学会
  • 日本心血管インターベンション治療学会
  • 日本心不全学会・日本不整脈学会