循環器内科

血管年齢測定のススメ

『血管年齢』とは、血管の硬さのことです。 血管は、年齢と共に硬くなっていきますが、肥満、高血圧、高血糖、高脂血症などの症状に複数あてはまる方は、年齢以上に血管の硬化が進行していることがあります。

血管が硬くなってくると、突発的に血管がつまり、脳梗塞や心筋梗塞などの原因にもなりかねません。

この血管年齢を測定する検査として、CAVI検査があります。
ふくみつ病院では、この検査を行えますので、この機会に是非、ご自分の血管年齢を測定してみませんか?


CAVI(キャビィ)検査とは

CAVI CAVI検査は、心臓から送り出された血液により生じたパルス(脈波)が、血管を通じて手足に届くまでの時間を計測することによって、全身の血管の硬化度を直接的に、簡単に診断する検査です。

検査方法

CAVI検査方法 ベッドに横になっていただき、電極のついたベルトを巻きます。5分ほどで、検査は終了します。

検査中、手足に力を入れてしまうと、正しい測定ができませんので、検査終了まで動かないでください。
なお、検査にあたって、痛みは全くございませんのでご安心ください。

検査終了後、結果はすぐにわかります。